基礎知識編

パチスロにおける機械割について最低限知っておくべきこと

スポンサーリンク

 

こんにちは、レグおです!

今回は、パチスロの機械割について書いていきたいと思いますが、機械割について説明してと言われると意外と説明しづらいのが、この機械割(^^;)

大事なことなので、復習の意味も込めて見てもらえたらと思います!

それでは、どうぞ(^^)/

パチスロにおける『機械割』とは・・・?

パチスロにおける「機械割」というのは、メーカーがパチスロ機を製作する際に、出玉設計を行った後にシミュレーションをして算出した、その台の「出玉性能」を表した数値になります!

また、規則上で定められた範囲の機械割に収まるように、何百万回以上ものシミュレーションを全設定毎に行っているそうです。

つまり、「機械割」は短いスパンでは収束しにくいものですし、ある程度の長いスパンをかけてようやく収束していくものであると認識したほうが良いでしょう!

とは言っても、「機械割」「期待値」と同じで、「機械割」が100%を超える(「期待値」がプラスになる)台を打つ事が重要なのは変わりありません。

以下に「機械割」におけるメダルの期待値を簡単に説明します。

<機械割におけるメダルの期待値>

機械割におけるメダルの期待値を算出する上で必要になる情報として、「IN・OUT」を知る事が必要で、「IN」とはメダルの投入の事を意味し、「OUT」とはメダルの払い出しの事を意味します。

 

また、機械割、OUT、メダル獲得枚数を算出する計算式は、

機械割 = OUT ÷ IN
OUT = 機械割 × IN
メダル獲得枚数 = OUT - IN

で求められますよ(^^)/

それでは実際に、1遊技に必要な投入メダルは常に3枚で、8000遊技回した前提として、機械割毎のメダルの獲得枚数を算出してみましょう!

機械割毎のメダルの獲得枚数

 

機械割 総IN枚数 総OUT枚数 メダルの獲得枚数 期待値
95% 24000枚 22800枚 -1200枚 マイナス
100% 24000枚 24000枚 0枚 プラマイゼロ
105% 24000枚 25200枚 +1200枚 プラス

 

上記の例において、毎回機械割通りの結果(メダルの獲得枚数)が得られるとは限らないですが、「機械割」が100%を超える台を、試行遊技数を増やして「期待値」を追うことをやり続ければ、最終的には機械割(期待値)通りに近づきます(^^)/

このことからも、パチスロで勝ち続ける為に必要なことは、「期待値」「機械割」を常に追求する事と言うことが再認識できます。

機種によって『機械割』は異なりますので、台を打つ際は、その機種の『機械割』をしっかりと事前に調べておくことも1つ勝つ為に重要になってきますので、是非参考にしてみて下さい!

ご覧いただきありがとうございます(^^)

ブログランキング参加中ですので
応援クリック頂けると嬉しいです(^^)
(たくさん光らせたい方はクリック!!)
にほんブログ村 スロットブログ 初心者スロッターへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク
関連記事