基礎知識編

『スロットの設定狙いとは?』設定狙いの意味と狙い方を覚えて収支を上げよう!

スポンサーリンク

 

レグお
レグお
こんにちは、レグおです!

今回は、パチスロで勝つために覚えておきたい設定狙い』について簡単に説明していきたいと思います。

設定狙いは難易度も高く、難しい部分もありますが、身につけることでライバルと差をつけることも可能ですので是非基礎知識として覚えておきましょう!

パチスロの設定って何?

まず、設定というのは、基本的に1~6までの6段階で構成されています。(1.2.5.6の4段階などの変則もあり)

設定1が1番悪く(低設定)
設定6が1番良い(高設定)

という解釈で基本はOKです!

ですので設定狙いで勝つためには、
なるべく良い設定(高設定)の
設定456を打たなければなりません。

まずはそこを意識しておきましょう!

しかし!

設定はお店が側が自由に選択することができ、私たちはそれを教えてもらうことができません。

・設定はお店が自由に設定できる。
・それを教えてもらうことはNG。
(確定演出や示唆・その他のことから察知はできる)

そしてお店側が利益を上げるために、必然的に低設定を使われることが多くなります。

【ほとんどが設定1という現実】

それをまずは知っておきましょう!

スロットに高設定が入る理由

スロットで高設定を使う理由についてですが、

利益だけを考えた場合、お店も全台設定1で営業をしたいところですが、それでお客が減って絵稼働が全くなくなれば利益は出せなくなりますし、他店にお客をとられるだけでなく、悪い印象をもたれる可能性もあります。

なので適度に高設定を使い、お客さんを逃がさないように、あるいは他店に負けないように営業しているということになります。(詳しくは別の記事で解説)

スポンサーリンク

設定狙いで勝つためには

様々なパチンコ屋の中には、ほぼ毎日オール設定1のぼったくり店も存在します。

私の地域もぼったくり店は多いですが、そんな低設定しかないホールで設定狙いをしてもほぼ勝ち目はありません。

ですので、設定狙いの最低条件として、高設定を使ってくれるホールで設定狙いをすることが必要です。

設定1しかないお店で
設定狙いをしても負け続けるので
お店の選び方は必ず意識しましょう。

パチスロでのホール選びは最重要課題 こんにちは、レグおです! 今回はホール選びについて かなり重要な記事になりますので 真剣に読んでもらえたらと思いま...

≪こちらもチェック≫


また、LINEにて質問・相談なども受け付けていますので、お気軽にLINEにてメッセージ頂ければと思います(^^)/

レグお
レグお

最後までご覧頂きありがとうございました!!

スポンサーリンク
関連記事